世界の果ての赤き丘

二次小説、日々の地球人観察記などを書いています。
世界の果ての赤き丘 TOP  >  スポンサー広告 >  赤い丘より新たな世界へ >  赤い丘より新たな世界へ 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤い丘より新たな世界へ 11

まき絵の体を掴んだのは、あのゴーレムだった。






赤い丘より新たな世界へ11






「どうしたんですか!てっ、あ~!」

騒ぎを聞きつけたのか、ネギと夕映、木乃香がやって来た。
3人ともゴーレムに驚いている。

「ネギ君助けて~!」

まき絵の叫びにネギは即座にゴーレムに攻撃しようとした。

「ラス・テル マ・スキル マギステル 光の精霊11柱 集い来たりて敵を射て。『魔法の射手』!
 くらえ、魔法の矢!!」

詠唱してゴーレムを指差すネギ。しかし

し~ん

「「ま・・・・・・まほうのや?」」

何も起こらなかった。ホッと胸を撫で下ろす明日菜と遠坂。ゴーレムもなぜかホッとしている。

『ふぉふぉふぉふぉ、ここからは出られんぞ。もう観念するんじゃ』

仕切りなおしにふぉふぉふぉと笑って言うゴーレム。

「大丈夫です皆さん!僕のまほ・・・・・ふがっ」

「ちょっと待った!先から何モロに言ってのよ、この馬鹿ネギ!」

また魔法が~とか言いそうになったネギの口を、あわててふさぐ明日菜。

「まほ何アルか?」

「なんでもないわよ。とにかく、テストまでにはここから脱出するわよ!」

「そうね。急いで出口を探しましょう」

「どうでもいいから、早く助けてよ~」

ゴーレムの腕に掴まれたままのまき絵を目にとめた時、夕映はゴーレムの首筋に、あの本があることに気がついた。

「みんな、ゴーレムの首筋にあの本があるです!」

すかさずクーフェイと楓が行動を起こす。

「中国武術研究会部長の力、見るアルよ」

まずクーフェイがゴーレムの足に一撃を食らわせて、ゴーレムの重心を崩すと、すかさずまき絵を握る腕にも一撃をくわえた。
ゴーレムの手から離れたまき絵を楓がキャッチする。さらにまき絵がリボンで首筋の本を巻き取った。

「撤収です」

夕映の指示に皆一斉に駆け出した。

「見事な連携ね~。それに長瀬さん達の動きは半端じゃないわね」

「バカレンジャーは私以外、体力馬鹿ですから」

遠坂の言葉に夕映が答える。

「そんなことはどうでもいいから、出口探して~!」

のんきな二人に明日菜が叫ぶ。
後ろからはバルタン笑いのゴーレムが追いかけてくる。かなり不気味だ。
すると木乃香が何かに気づいたのか皆を呼んだ。

「みんな~こっちに非常口があるえ~!」

木乃香の方に集まると、滝の裏に非常口と書かれた人の絵がついている緑の看板があった。
それを見てずこっとこける遠坂。

「一体学園長は何を考えてるのよ・・・・・・」

『待つのじゃ~』

すぐ後ろにはゴーレムが近づいてくる。

「早く入って!」

遠坂の叫びに、明日菜は扉を開けようとして気づいた。

「何よこれ~!」

扉には【問一 英語問題 Readの過去分詞の発音は?】と書かれていた。

「つまり、これに答えないと扉は開かないということですか」

「ええ~何よそれ!」

あたふたとするバカレンジャーに遠坂が喝を入れた。

「そんなの簡単じゃない!昨日やった事を忘れたの!」

ハッとするバカレンジャー達。昨日やったこと・・・・・・遠坂先生のスパルタ授業とネギの授業。

「そうよ。昨日アレだけやったんだからわかるはず」

むむむっと問題をにらむバカレンジャー。

「分かたアル、答えは『red』アルね」

クーフェイが答えると扉が開いた。

『しまった~。待つんじゃ~』

「よし、この調子で行くわよ!」

遠坂の号令にみんな一気に扉に駆け込んでいった。





「いいわよ。みんな、その調子!」

バカレンジャー達は非常口に入った後、奥のほうにあった螺旋階段を上りながら、扉に書いてある問題を次々と答えていった。

「凄いです皆さん!いつの間にこれだけ勉強したんですか?」

大喜びのネギの質問に誰も答えない。
全員、顔色を変えて滝の様に汗を流しながらうつむく。

「み、みなさん~どうしたんですか?」

「・・・・・・ネギ、おこちゃまのあんたは知らなくていいのよ」

妙に達観してささやく明日菜。

「?」

よっぽど遠坂の授業を思い出したくないのか、誰もネギの質問には、はっきりとは答えなかった。

「何があったんですか遠坂さん?」

「いいのよ。そっとしておきなさい。彼女達は大人の階段を登ったのよ」

一体どんな授業をしたらそんな言葉が出るのか、恐るべし遠坂先生。
こんな会話をしている間も、後ろからはふぉふぉふぉふぉと笑いながらゴーレムが追ってくる。
しかしなぜかゴーレムのスピードが落ちてきている。なんか笑いと笑いの間に、ごほっごほっと咳してるし。

「・・・・・・じじぃの癖にハッスルするからよ。いい気味だわ」




「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・いつまで登るですか?」

「あかん、もう疲れてもうた~」

すでに階段を登り始めて1時間、夕映と木乃香は疲れきっていた。
他のメンバーは体力馬鹿なのでまだいけそうである。
ヘロヘロ~と歩く2人、もはや限界だった。
ゴーレムは追ってきているが問題を順調に解いた事と、ゴーレム自体のスピードが遅くなったことで、少し差が開いている。

「2人ともがんばってください」

ネギが励ましの言葉をかけるが、もうダメ~と2人は座り込む。

「先に行ってくださいネギ先生」

「私達のことはええから、みんな早よ行き」

完全に座り込んでしまった二人にネギは近づくと

「だめですよ。みんなで行きましょう。僕が背負って行きますから」

「ネギ先生・・・・・・」

「うちは?」

「木乃香は私が背負うから。ネギ大丈夫?」

夕映を背中に背負うと立ち上がるネギ。
しかし身長がほとんど変わらない夕映を、魔法で体を強化していないネギが背負うのは無理があった。
すぐにペチャッと倒れるネギ。

「拙者に任せるでござる」

見かねた楓が夕映をヒョイと抱き上げた。

「すみません、長瀬さん」

「いやいや。それよりもそろそろ追いついてきたでござるよ」

後ろからゴーレムが「ふぉふぉ・・・ごふぉ・・・ふぉふぉ・・・」と笑いながら追いついてきた。

「急ぎましょう」

遠坂を先頭にまた登り始めた。


地上

「遅いな~」

もうすぐ夕日が沈む時間だ。
俺は学園長から連絡を貰い、早乙女たちと一緒にネギ君たちを迎えに来たのだが

「ホント遅いね~。あ、そう言えば士郎先生さぁ桜咲さんと何かあった?」

「いや、別に何もないぞ。そうだな、しいて言えば、仕事を少し手伝ってもらったぐらいかな?なんでだ?」

「なんか、刹那ちゃんが『士郎さん・・・・・・』とか呟きながら顔赤くして歩いていたの見たんだよねぇ~。ラブ臭をプンプンだしてさ」

ニタ~と笑いながら俺に顔を近づける早乙女。

「ラブ臭って何だよ・・・・・・。というか知らないぞ俺は」

「んふ~本当かにゃ~。実は~手を出したりして」

「ばっ、馬鹿いうな!」

その後ニヤニヤ笑う早乙女に俺は苛められた。
地下から何かが上ってくる音を聞き逃して・・・・・・



数分前

「あっ!携帯の電波が入りました。地上は近いです」

「よっしゃーこのまま行くわよ!」

その時、前を走っていたネギが叫んだ。

「あ!地上への直通エレベーターですよ!」

「やったーこれで帰れる~」

「こんな物まで作って・・・まったく学園長は!」

そこには1階直通作業用と扉にかかれたエレベーターがあった。
いかにも「使ってください」な感じで、場違いさにさすがの遠坂も怒りを忘れ、学園長の考えに呆れた。

「みんな早く乗って乗って!」

ドカドカと駆け込んでエレベーターに駆け込む。
少し下にはゴーレムが近づいてきている。
しかし全員が乗るとブブーと警告がなり

《――――重量OVERデス》

合成音声のアナウンスがなった。

「くっ!みんな着ているものとか、持っている物を捨てて。少しでも軽くすれば行けるかも!」

すぐさま服を脱ぐバカレンジャー達。しかし遠坂は躊躇していた。

「遠坂さんも早く!」

「え~と人前で裸になるのはちょっと~」

「大丈夫よ。女の子しかいないんだから。ネギはまだ子供でしょ」

明日菜の言葉に渋々と服を脱いで捨てる。
しかしそれでも警告音は鳴り止まない。

「きゃーゴーレムが来たー!」

すぐ側までゴーレムが来ていた。
するとネギがエレベーターを降りてゴーレムと対峙する。

「僕が降ります!皆さんは先に行って明日の期末試験を受けてください」

ゴーレムはもう目の前。立ちふさがるネギの足は震えていた。

「行ってくだっぐえ!」

後ろから明日菜がネギの襟首を掴むとエレベーターに引きずり込んだ。

「あんたが残んなくても・・・・・・本を置いていけばいいのよ!」

そう言うとゴーレムにメルキセデクの書を力いっぱい投げつける。
カコーンとゴーレムに本があたると同時にエレベーターのドアが閉まった。

上昇中のエレベーターの中

「よかったんですか、あの本がなくて?」

「いいのよ。散々勉強したし、それにアレに頼らなくても何とかなるわよ。ねっみんな!」

明日菜の言葉にみんなが頷く。

「みなさん・・・・・・」

「よかったわね。ネギ君」

「はい!」

そして一行を乗せたエレベーターは地上へと向かっていった。


地上

「だから違うって言って・・・・・・ん?」

「どうしたの先生?」

扉から何かが登ってくる音が聞こえた。

「帰ってきたみたいだぞ」

チンと音が鳴りエレベーターの扉が開いた。

「よーお帰り。どうだっ・・・・・・た」

俺の目が点になる。
扉の中には、なぜか下着姿の遠坂たちがいたからだ。
向こうも俺に気がついたのか固まっていた。

「え~と・・・・・・なんで裸?」

「見るなこの変態!」

ボグッと神楽坂のストレートが俺のこめかみにヒットした。

「な、なんで?」

崩れ落ちる俺。
そんな俺を無視してハルナ達と再会を喜ぶ生徒達。ついでに服を借りてる。
すると遠坂が近づいてきた。
俺はコートを脱ぐと遠坂に渡す。

「お疲れ。どうだった?」

「散々だったわ。・・・・・・でも楽しかったかな」

「そうか。それはよかった」

そうして俺達も再会を喜んだ。



「あーテストまであと15時間しかない!」

突然まき絵が叫ぶ。

「大丈夫よ佐々木さん。みんな、今夜も寝かせないわよ」

「「「「えー」」」」

ニタリと笑う遠坂にバカレンジャー達は涙目だ。

こうして遠坂先生とネギ先生の地獄の一夜漬けにより、2-Aは無事に最下位脱出を果たした。
5人組の屍を残して・・・・・・。



第十一話終了!図書館島編終了です。オチが弱いですね。
こう改めてみるとタモの小説は会話が多いですね。これは改良しなくては。
次回はほのぼのを挟んでエヴァ編に入っていく予定です。



おまけ


学園長室


「と、遠坂君。す、すこし落ち着いたらどうじゃろ」

「大丈夫ですよ学園長。私は落ち着いてます。ちっとも怒ってなんかいませんから」

「そ、それじゃその手にもっとるバットはなんじゃろか?」

遠坂の手には所々血がついた年季があるバットを持っていた。

「うふふ、少し野球がしたくて、うふふ」

コツコツとゆっくりと学園長に近づいていく。

「た、たのむ。わしが悪かった。許してくれ」

必死に頭を下げる学園長。
そんな学園長の目の前に立つとバットを振りかぶる。

「ま、まって。頼む。許してくれ」

「死ね」

ぎゃ――――――

その日、学園長室から凄まじい叫びが聞こえたそうだ。
さらに後日、学園長から大金をせしめた遠坂さんはホクホク笑顔だったそうな。

終われ


スポンサーサイト
[ 2013年10月16日 14:56 ] カテゴリ:赤い丘より新たな世界へ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

地球外生命体タモちゃん

Author:地球外生命体タモちゃん
惑星タモタモから来た調査員

趣味 読書、昼寝、料理
好食 梅干おにぎり
嫌食 刺身(生もの全般)

マッタリ、モッタリ生きていますので(^ー^)ノ ヨロシク  

質問などは此方へご連絡を       

フリーエリア

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。